*

担保の確保

任意整理とは一般には債務整理とも呼ばれていておのおのの債権を持つものへの借金の支払いを行っていくことを選ぶ債務整理の手順です。

 

一般的な手続きですが、司法書士の資格を持つものあるいは債務処理経験のある弁護士貸し手と債務者の間に立って法律に照らしながら利息の適用し直しを実行して再度計算した借入金の元金について金利を削減する形で36か月程度の期間内で返済をしていく債務整理方策です。

 

この手続きの場合には各種裁判所等をはじめとする国の機関が管理することはないため別の処理と比較した場合でも手続きを取ったときのデメリットが少なく処理そのものが借金をしている人にとってそれほど頭の痛い問題がないため、一番初めに考慮するようお勧めするやり方でもあります。

 

くわえて、債権を有する者が消費者金融のように高い利息の際には、利息に関する法律で決められている利息に追加して払い込んだ借入金利に関しては借りたお金の元金に充当すると考え借入元金を減らすことも可能です。

 

なので、サラ金といったような高額な年利を取るところに対しある程度の期間返済し続けているケースなら一定の金額を減らすことができるようなこともありますし、10年以上返済してきたケースなら負債自体が消化されてしまうようなこともあります。

 

任意による整理のメリットは破産手続きと違ってある部分のみのお金のみを処理していくことができますので、他の連帯保証人がいる負債以外だけで整理したい場合やマンションのローン以外だけを手続きする際等も活用することが可能になりますし全ての資産を放棄することが求められていないため自動車や戸建て住宅などの自分の資産を所有しているものの放棄したくない場合でも選択肢になる借金整理の方法です。

 

いっぽうで、手順を踏んでから返済が必要となる額と実際として可能な手取り額をかんがみて、適切に返済の目処が立てられるようである場合は任意による整理の処理を進めることに問題ありませんが、破産手続きと違い返済義務そのものがなくなってしまうというわけではありませんので借入金の額が多い場合などは、実際的には任意による整理の方法を取るのは困難になるといえるでしょう。

 



コメントする